レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステム②

レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステム続き

前回の記事では、レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムの「重視する予測」の違いを説明致しました。

今回の記事では2つ目の違い「需要予測の活用範囲」について解説致します。
結論、ダイナミックプライシングシステム需要予測を「価格管理」のみに使用します。
一方、レベニューマネジメントツールでは需要予測を在庫管理やシフトの作成など、多様な領域の経営判断に活かすことができます。

レベニューマネジメントとダイナミックプライシング

そもそも、ダイナミックプライシングという仕組みは、レベニューマネジメントの一部でした。

レベニューマネジメントとダイナミックプライシングの関係について、詳しくは下記リンクの記事を参照ください。

つまり、「ダイナミックプライシングシステム」はレベニューマネジメントツールの活用範囲の一部である、「価格管理」を実現する手段の一つです。
レベニューマネジメントツールは、価格管理以外に加え、在庫管理やシフトの作成などの多様な領域の経営判断に活かすことが可能です。

レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムの併用

弊社のサービス、レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムは併用することが可能です。

まず「需要そのものの予測」レベニューマネジメントツールで行います。
例えば、音楽イベントの場合、その需要予測に基づき、配置するスタッフの数や用意する席の数、そしてチケットの初期価格を決定します。
販売開始後、「需要変化の予測」ダイナミックプライシングシステムで行い、チケットの価格を柔軟に変更します。
これにより、新たに出演するアーティストが決まり、需要が上がったケースなどにも対応し、価格を変更することが可能です。
このように、レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムを併用することで、より効率的かつ柔軟な経営判断、販売管理が可能です。

レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムとは...

2回に渡り弊社の提供するサービス、レベニューマネジメントツールダイナミックプライシングシステムの関係について述べてきました。
レベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムの違いは2つありました。
1つ目は「重視する予測」、2つ目は「需要予測の活用範囲」でした。
またレベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムは併用可能でした。

弊社(ダイナミックプラス社)のサービスに興味をお持ちいただけましたら、是非、下のリンクをご参照ください。

 

弊社のサービス、ダイナミックプライシングシステム、レベニューマネジメントツール導入のご相談は下記からお願い致します。

関連記事

ページ上部へ戻る