レベニューマネジメントとダイナミックプライシング

レベニューマネジメントとダイナミックプライシングを解説!!

弊社の提供サービス、ダイナミックプライシングシステムとリベニューマネジメントツール。

今回の記事では、この2つのサービスの基本概念である「レベニューマネジメント」と「ダイナミックプライシング」の関係について解説します。
結論、ダイナミックプライシングはレベニューマネジメントの一部です。

レベニューマネジメントとは?

そもそもレベニューマネジメントとは、「収益を最大化のため、需要予測をもとに適切な販売管理を行うこと」です。
この販売管理には、在庫管理や価格管理が含まれます。
そして、価格管理の手法の一つがダイナミックプライシングです。

次に、レベニューマネジメントとダイナミックプライシングが生まれた背景を紹介します。

レベニューマネジメントの誕生

レベニューマネジメントは1990年代のアメリカ航空業界で誕生しました。
佐藤公俊と澤木勝茂 (2020)には、
「飛行機一便当たりの売上高を最大にする運賃体系ならびに座席配分を決める問題を航空機のレベニューマネジメントと呼ぶようになった。」
と記述されています。

佐藤公俊 & 澤木勝茂. (2020). レベニューマネジメント―収益管理の基礎からダイナミックプライシングまで―. 共立出版.

ここでの座席配分を決めるとは、座席の内何割をファーストクラスや、エコノミーにするか決定することで、在庫管理を意味します。

一方、運賃体系を決めるとは、ファーストクラスやエコノミーそれぞれに対し価格を決定することで、価格管理を意味します。
その中でも、季節や曜日、座席のランクによって初期価格を変えることを、「バリアブルプライシング」と呼びます。
一方、販売期間中に需要の変化に応じて価格を変えることを「ダイナミックプライシング」と呼びます。
バリアブルプライシングとダイナミックプライシングの違いについては、以下の記事をご参照ください。

 

レベニューマネジメントとダイナミックプライシングとは...

今回の記事では、レベニューマネジメントとダイナミックプライシングの関係について説明しました。
ダイナミックプライシングレベニューマネジメントの一部でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでも、皆様のレベニューマネジメントとダイナミックプライシングへの理解に貢献できれば幸いです。

弊社の手がけるレベニューマネジメントツールとダイナミックプライシングシステムに興味ございましたら、下記リンクをご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちらからお願い致します。

関連記事

ページ上部へ戻る