ダイナミックプライシングに関して徹底解説

ダイナミックプライシング

直近様々なメディアで聞くようになった、『ダイナミックプライシング』

2019年6月に発表された日経MJヒット番付では、西の関脇として、ランクインしたことでも話題になりました。 参考リンク『日経MJ編集長が明かすヒット番付が選出されるまで』 https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201911/effective-product-pr/017311.php

ダイナミックプライシングとはどんな仕組みなのか、事例や用途などを交えながら解説したいと思います

 

ダイナミックプライシングってどんな仕組み???

ダイナミックプライシングの概要図
ダイナミックプライシングの概要図

ダイナミックプライシングは、需要と供給に応じて、価格を変動させることによって、

全体収益を最大化させるプライシング戦略の一つです。

収益最大化のための価格戦略なの???

収益最大化だけではなく、様々な目的、用途にダイナミックプライシングは活用されています。

例えば、欧州では食糧廃棄(フードロス)を減らすために、生鮮食料品の小売業で活用されていたり、米国では、交通インフラの混雑緩和としてもダイナミックプライシングは活用されています。

つまり、ダイナミックプライシングは、目的/用途に応じて、様々な活用方法が考えられる、プライシング戦略の一つとして考えられています

価格とダイナミックプライシング

価格の整理図
価格の整理図

ダイナミックプライシングは、価格の領域の中の一つの考え方です。

一般的に、ダイナミックプライシングの定義は、定かではないのですが、一物多価の領域である、固定一物多価(Vriable Price)や、変動一物多価(Dynamic Price)の領域がダイナミックプライシングと呼ばれることが多いです。

なぜダイナミックプライシングが話題になってきたの???

ダイナミックプライシングの考え方は、特に新しい考え方ではありません。

八百屋さんの閉店間際の値引きや、お正月価格、といった考え方は古くから存在していました。しかしながら今のタイミングで話題になっている背景には、テクノロジーの発達があります。

 

デジタルデータ量の増加予測:総務省「ICTコトづくり検討会議」報告書https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc131110.html#:~:text=%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E7%A4%BEIDC,1%2D1%2D1%EF%BC%89%E3%80%82
デジタルデータ量の増加予測 (出典)総務省「ICTコトづくり検討会議」報告書

ダイナミックプライシングとテクノロジーの関わりは下記の3つのSTEPによって、進化してきたと考えられています。
Step.1. テクノロジーの進化と共に、コンテンツのデジタル化、ハードデバイスの進化、通信接続の高速化等 早いスピードでデジタルトランスフォーメーションが加速

Step.2 データに関しての環境が大幅に変化 (ex. データ取得ポイントの増加、クラウド上での大容量データの蓄積、データ利用環境エンジンの高速化)

Step.3 データの取得、活用や複雑な計算を可能にしたマシン/ライブラリの発展により、AI技術によるダイナミックプライシングという手法が可能になりました

様々な用途のダイナミックプライシング活用!

ここまで紹介してきた、ダイナミックプライシングは、様々な用途、方法によって実現、導入が可能です。

ダイナミックプライシングに関しての事業活用をご検討している担当者様はぜひ、弊社にご相談ください!

お問い合わせはこちらから!!!!

ダイナミックプライシング活用に向けた5W1Hの整理
ダイナミックプライシング活用に向けた5W1Hの整理
コンビニでのペットボトルを例にした活用イメージ
コンビニでのペットボトルを例にした活用イメージ

内容に関してのご質問、実際の導入方法や活用に関しての不明点とうは下記リンクよりお気軽にご相談くさい!

ご相談はこちらから!

関連記事

ページ上部へ戻る